HOME>ホットトピックス>各種媒体が増えていることで、技術者が不足している

将来の独立も可能

映画製作やドラマ作りに関しては、日本のレベルは間違いなく世界トップの水準です。デジタル処理のスキルは秀逸ですし、若いクリエイターが多く育って来ています。彼らの経歴はというと、大学や専門学校において映像を専門的に学んでいます。既にアマチュアの頃から頭角を現していて、これは基礎をしっかりと身に付けている証拠と言えます。放送作家やディレクター等、裏方の世界に進むケースもあります。

テレビの世界で

映像関係の職種としては、テレビを想像する方が大半ではないでしょうか。面白い番組の裏には、優秀なプロデューサーが存在しています。専門学校に通うことで、アイデアの貯金が増えて、実際の職場で活かされるはずです。

モノ作りの魅力

カメラマンや音声さんも、映像の世界においては必要不可欠な裏方です。専門学校においては専攻コースがありますし、上手なアングルや確かな技術をレクチャーしてくれます。就職率は限りなく100%で、将来も安定しています。

印象に残る番組やCM

映像の中には、ドキュメントやCMも含まれています。僅か数十秒のCMであっても、そこには汗と涙の物語が存在しています。専門学校においては、ドキュメント製作やCM作りについても学べます。経験者の話に耳を傾けることで、ノウハウが身に付くはずです。

広告募集中