HOME>注目記事>ゲームクリエイターになる方法・進路や資格の選び方

ゲームクリエイターには専門学校が近道

ゲームを作る人

ゲームクリエイターの仕事は幅が広く、その内容はアプリやソフトの企画や脚本、デザインなどゲーム制作に関わる全般になります。ゲームクリエイターになるには、ゲームメーカーやゲーム制作会社に就職するのが一般的な方法ですが、勤務先で即戦力となるためには専門分野の知識を学んでおくことが必須です。ゲーム作りを基礎から学べる専門学校でしっかりと学ぶことが夢に近づく道となるはずです。ゲームが学べる専門学校は数多くありますが、選ぶ重要なポイントはゲーム業界に強いパイプを持っているかということです。卒業生の就職先をよくチェックしておきましょう。またゲーム制作のできる実習があるかどうかも確認が必要です。ゲーム作りの過程を実際に経験することは専門学校ならではの利点であり、就職してからとても役立ちます。

ゲームクリエイターになるための有利な資格

ゲームクリエイターになるには特別な資格は必要ありません。しかし専門学校でゲーム作りを学びながら資格を取ることで、就職がより有利になることがあります。デザインや映像制作の知識が問われるCGクリエイター検定や、画像や音声などのデジタル情報でのコミュニケーション知識を測るマルチメディア検定などは、取得のためのカリキュラムが組まれている学校もあります。どのようなゲームクリエイターになりたいかを自分でイメージして、それに必要な資格を取得するといいでしょう。

ゲームクリエイターは時代に求められている

スマホの所持率が8割を超えたとされる現在、SNS上で提供されるソーシャルゲームは成長の一途をたどっている状況です。常に新作ゲームが求められているので、ゲームクリエイターになるには絶好の時代といえます。ゲームを作るには多くの力が必要であり、1人ではできません。知識や技術を学ぶだけでなく、専門学校で周囲と円滑な関係を築けるコミュニケーション能力を高めておくことも、優れたゲームクリエイターになる条件といえるのではないでしょうか。

広告募集中